Let's talk!

ここで特筆すべきはやっぱりグランドセイコーだ。

  • click to rate

    やはりロレックス 偽物が4機種もラインナップするなど世界規模の集計でも圧倒的な強さを感じる。特にデイデイトが11位というのはおもしろい。ロレックスに対する価値基準の違いだろう。ステンレスのスポーツ系ばかりに人気が集中する日本とは明らかに違う結果だ。加えてカルティエの強さも日本のランキングにはないところか。

    さて、ここで特筆すべきはやっぱりグランドセイコーだ。ロレックスやパテック フィリップ、そしてカルティエといった超有名ブランドの中に、しかも13位と19位に2モデルも入っているというのはかなり驚きかもしれない。

     

    ロレックス デイトナ 偽物 40MM m116515ln-0019

    18 ct エバーローズゴールドのオイスター パーペチュアル コスモグラフ デイトナは、アイボリーダイアルとオイスターフレックスブレスレットを備え、ブラック セラクロムタキメーターベゼルが特徴的である。

    このクロノグラフは、我慢強いレースドライバーの究極の計時ツールとなるようにデザインされた。コスモグラフ デイトナは、誕生から50年以上経ってもなお、スポーツクロノグラフにおける比類なき存在として君臨し、時間を超越し続けている。

    アイテム:腕時計

    タイプ:コスモグラフ デイトナ

    型番:m116515ln-0019


    直径:40 mm

    モデルケース

    オイスター、40 mm、エバーローズゴールド

    オイスター アーキテクチャー

    モノブロックミドルケース、スクリュー式裏蓋、リューズ

    素材

    18 ct エバーローズゴールド

    ベゼル

    ブラックのセラミック製モノブロック セラクロムベゼル、タキメーター

    リューズ

    スクリュー式、トリプロック(三重密閉構造)

    クリスタル

    傷防止サファイア

    防水性100 m/330 フィート防水

    しかも、グランドセイコーはなんとなく想像はできても、もうひとつの比較的安価なダイバーズウオッチ、プロスペックス ダイバースキューバがグランドセイコーよりもだいぶ上の13位に入るというのはかなり興味深い結果といえる。

    実のところアンティークウオッチの世界では欧米の時計愛好家を中心に1960〜70年代の日本初のセイコー製ダイバーズウオッチにかなり注目が集まっていることも確かで、こういったことも少なからず関係しているのかもしれない。

     

     

    2022年新作 グランドセイコー偽物 9Fクオーツ SBGX343

    品番:SBGX343

    外装 : ステンレス

    ガラス材質 : サファイア

    コーティング : 内面無反射コーティング

    ルミブライト : あり(針・インデックス)

    ケースサイズ : 横 40mm × 厚さ 11.7mm

    腕周り長さ(最長) : 203mm

    中留 : ワンプッシュ三つ折れ方式

    ムーブメント : 9F61

    駆動方式 : 電池式クオーツ

    精度 : 年差±10秒

    機能

    防水 : 日常生活用強化防水(20気圧)

    重さ : 165.0 g

     

     

     

    【関連記事】:友達への結婚プレゼント2022

Recent Blog Entries

View All